大磯海岸 釣り紀行|ついに!海の王者を釣り上げた!後編

🎣釣り にほんブログ村ランキングに参加中!ポチッと押して応援お願い致します🎣

にほんブログ村 釣りブログへ

🎣釣り人気ブログランキングに参加中!ポチッと押して応援お願い致します🎣


🎣FC2 釣りブログランキングに参加中!ポチッと押して応援お願い致します🎣




大磯海岸 釣り紀行|ついに!海の王者を釣り上げた!後編

今回の釣行は今までにないものになってしまった。大磯海岸、大磯サーフに海の王者を召喚してしまったのである。まさか、大磯で、大磯サーフでやつと対峙することになるなんて・・・。

それでは後編にスポットを当ててみよう。

→前回の記事

大磯海岸 釣り紀行|ついに!海の王者を釣り上げた!前編|実はここ最近、我々の拠点の一つである「大磯」での釣行はあまりいけておらず、釣果を上げることが出来ていなかった。6月-8月初旬にかけてはワカシの回遊などがあり、大変にぎわっていた大磯海岸だが、そのあとは海水温の上昇と共に青物の回遊がなかなかなく、釣果がほとんどなかったのである。

ついに悲願のイナダを釣り上げたのだが、

1匹入れはもう1匹釣りたくなるのが釣りキチだ!!

かもその時のシャクリは半端ない!!

オラオラ感が満載になるのだ!!!

ヒャッハー!!!
※わかる人にはわかるはずだ。

そんな勢いでひたすらシャクリ続ける!!!
時間も忘れてオラオラオラオラオラオラオラ

オラララララララララッララッララララララ――――――――――――!!!

ぅ。一息つこう。

イナダは連チャンがくるほど甘くない。

釣ったイナダはもちろん美味しくいただく為に
釣ってすぐ血抜きを行い、バケツへ入れておいた。
そろそろ血が抜けるころだった。

血がたんまりバケツに溜まっている。

そんな状況を見た地元のじっさまが
「いいねー。今日はイナダの刺身だね!!!」と声を掛けてくれた。

そう。釣り人にとって、釣った新鮮な魚を刺身でいただく時ほど幸せはないのだ。
これは釣り人にしか味わうことの出来ない醍醐味である。

綺麗に血が抜けていることを確認し、保冷バックにイナダを入れてしっかりと封をする。
夜が待ち遠しい。

そして、次のイナダさんが来ることを願い、バケツの水を変える為に波打ち際へバケツの水をバッサー💦

この行動が、全ての運命を変える瞬間だった。。。。

この行動こそが海の王者をおびき寄せてしまう行動だったのだ。。。。

魔界から海の王者現る!!!

イナダを釣り上げた遠投かっ飛びルアー「ジグパラ タングステン」を装着し、2匹目のイナダを狙うべく、ツーピッチジャークでひたすらシャクリ続けていた。

そんな時だった・・・・

ン!!!!
一気に重みが竿に乗ったのだった!!!!!

ジーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

ドラグが一気に走りだしたと思った瞬間に、とんでもなく竿がしなった!!!!!!

、この引きは!?!?!?!?

※実は以前に3度ほど、イナダ-ワラサクラスを掛けたことがある。このクラスになると竿を立てるのが精一杯でリールを巻くのも苦労するのだ。しかも3戦3敗、磯釣りということもあり、全て目の前で姿を確認した後にラインを切られているのだ。

さか!?サーフで来たのか!!!これは・・・・・勝てる!!!!」

そんなことが頭を過ったのである!!!!

その時と同じ様に、竿を支えるので精いっぱい。

上手く相手を弱らせる作戦に出る。

まさか大磯サーフでコイツが来るとは思っていなかったため、タモの準備はない。

竿を立て、ラインをバチバチに張り、フックアウトしないように丁寧に丁寧に岸へと寄せてくる作戦だ。

何とかリールを巻くことが出来るが、かなり引きが強い。

これはカナリカイ!!!!!と確信した。

もう少し、もう少し、あと少し、、、

こんな事を考える余裕はない!!!!!!!

やっとの思いでドン深の手前までたぐり寄せてきた・・・・・

その瞬間だった!!!!!!

よいよヤツの姿を確認したのである!!!!!!!!!

タ!!!!!!!!!!!ついに勝ったか!?」

大磯サーフ シュモクザメ
大磯サーフ シュモクザメ
大磯サーフ シュモクザメ

!?!?!?!??!?!??!!??!?!?!?!?????!??!?!?

大磯サーフ シュモクザメ
大磯サーフ シュモクザメ
大磯サーフ シュモクザメ

メ!?!?!?!?!?!?!?!??!?!??!?!?

シュモクザメ!?!?!?!?!?!??!

マジか!!!!!!!!!!!!!!

しかも70cmUPはあろうかというサイズ!!!!

リールのハンドルは既にぐにゃぐにゃになるほどパワー負けしているのだ、、、

しかしここはサメとわかれば冷静だ。

※ラインが切れてもしゃーないwww

波に合わせてゆっくりゆっくり引き上げる!!!!

しかし重い!!!!

大磯サーフ

その姿を確認出来たのは最初のあたりから数分後の事であった。。。

大磯サーフ

んとか引き上げた。

大磯サーフの王者を討伐した瞬間であった。

しかしどうやって針を外すか。。。。

しかしよく切れずに上がったものだ。。。

思いつきの対策で、持っていたバケツをサメの頭にかぶせて押さえつけハサミで針を外すことに成功。バケツをかぶせたままで波打ち際へ引っ張りこみ、そのまま海へと返した。

そして、大磯サーフの王者は優雅に泳いで海へ帰っていくのであった。。。。。

大磯サーフ

完!!!

恐らくですが血抜きをした血の匂いにサメが寄って来たのかなと思っています。青物はこれまでもワカシ等ですがもちろんその場で血抜きをしていましたが、サメが寄ってきたのは初めての出来事でした。今後は少し血の捨て場所を考えないとなと思っています。サメが寄ると他の魚もいなくなるような気がしますし、他の釣り人にも迷惑かなと💦今後は血の捨て場所について一考したいなというのが今回の感想でした。

その他の記事はこちら